お菓子買いに行く余裕がないー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の日曜は、京都の西国札所第十一番「上醍醐寺」で御朱印をいただいてまいりました。

貞観16(874)年に聖宝理源大師によって開かれたお寺です。
真言宗醍醐派の総本山で、御本尊は准胝(じゅんてい)観世音菩薩。

地下鉄醍醐駅近くの醍醐寺から山道を約3キロ歩くのが通常の参拝方法なんですが、今回は近くまで車で行って裏参道を通る、という楽なコースで参拝しました。
京滋バイパス笠取ICから京都国際カントリークラブへ向かう途中の横峯峠で車を停めます。
駐車できるスペースは5台ほどかな?
上醍醐 裏参道2
で、ここからスタート。
それほど急ではない山道を登り下りして、15分くらいで「五大堂」に着きます。
通常のコースで行った時は1時間半くらいかかったので、比べるまでも無くかなり楽!!
とはいえ、ツユ時期で道はぬかるんで滑るし蜂はいるしで、それなりに疲れました。
不安な方は↑この階段の横に杖が用意されてるので、お借りしましょう。

「五大堂」
上醍醐 五大堂2
不動明王など、5体の明王像が祀られています。
建物の前には、開祖の理源大師像。

「本堂」は、「五大堂」から5分~10分程下ったところにあります。

途中にある「薬師堂(国宝)」
上醍醐 薬師堂
上醍醐寺で一番古い建物。
以前は薬師如来像、脇侍の日光・月光菩薩が祀られていたんですが、今は醍醐寺の霊宝館に移されています。

「本堂 准胝堂」
上醍醐 本堂1
ご本尊の准胝観世音菩薩像は秘仏。
毎年5月18日前後にご開帳されます。

裏参道で楽したのに、それでもバリバリ筋肉痛になりました。
運動不足すぎだ・・・。

※追記
 2008年8月24日、落雷による火災で、准胝堂が全焼しました。
 納経は下醍醐の女人堂で行われているそうです。(9:00~17:00)
 早く再建されるといいですね。


上醍醐 御朱印2種
深雪山 上醍醐寺 (みゆきやま かみだいごじ)」

 住所 京都市伏見区醍醐醍醐山町1
 電話 075-571-0029
 時間 8:30~17:00
 拝観無料
壷阪寺から車で30分程の所にある、西国札所第七番「岡寺(おかでら)」にも行きました。
石舞台の近くです。

天智天皇2(663)年に義淵僧正によって開かれました。
宗派は真言宗、御本尊は如意輪観世音菩薩。

「仁王門(重要文化財)」
岡寺 仁王門
慶長17(1612)年建立。
仁王門なのに仁王像がなかった・・・。修復中らしいです。
四隅の上には、阿獅子、吽獅子、龍、虎の彫刻がはめ込まれてます。

「楼門」「開山堂」
岡寺 楼門 開山堂
楼門は、書院(重要文化財)の前にある門です。
中には入れません。

「鐘楼堂」
岡寺 鐘楼堂


「本堂(奈良県指定文化財)」
岡寺 本堂
現在の本堂は文化2(1805)年に建立されたものです。
ご本尊の如意輪観音像(重要文化財)は、弘法大師がインド、中国、日本の土で造られたとされています。
高さ4.85mで、日本最古・最大の朔像です。

「龍蓋池」
岡寺 龍蓋池
義淵僧正が悪龍を封じ込め、石で蓋をしたと伝わる龍蓋池。
岡寺の正式名称である龍蓋寺(りゅうがいじ)はこの伝説に由来しています。

椿と「三重宝塔」
岡寺 三重宝塔
シャクナゲで有名なお寺でもあるんですが、まだ咲いてませんでしたね。
4月中旬~5月中旬が見ごろのようです。


岡寺 御朱印
   「東光山 真珠院 龍蓋寺(岡寺) (とうこうざん りゅうがいじ)

      住所 奈良県高市郡明日香村岡806
      電話 0744-54-2007
      時間 8:00~17:00
         12月~2月は8:00~16:30
      拝観料 大人¥300 高校生¥250 中学生¥150
久々にお寺に参拝!!
奈良飛鳥の近く、西国札所第六番「壷阪寺(つぼさかでら)」です。

大宝3(703)年に弁基上人によって開かれました。
宗派は真言宗。御本尊は十一面千手千眼観世音菩薩。

前に来た時と道が違う?と思ったら、バリアフリーの工事中でした。

「仁王門」
壷阪寺 仁王門 仁王さんの下駄
[仁王さんの下駄]というのがありました。
履いて写真を撮ってください~らしいです。

「多宝塔」&右奥が「三重塔婆(重要文化財)」
壷阪寺 多宝塔 三重塔
三重塔は1497年竣工で、江戸時代に大修理されています。
多宝塔の左奥にチラッと見えているのが「本堂」です。

「礼堂(重要文化財)」
壷阪寺 礼堂
解体修理時の調査で、室町時代文正元年(1466)より前に建立されたことが分かったそうです。
この礼堂の奥に本堂八角円堂(江戸時代建立)があり、礼堂から直接本堂に入ることが出来ます。

「めがね供養観音」
壷阪寺 めがね供養観音
昔から眼病に霊験あらたかなお寺として有名です。
お守りに混じって目薬が売られていますし、境内の売店には「め」と書かれためせんべいや、目薬の木(?)の成分入りの慈眼茶もありました。

「天竺渡来仏伝石造レリーフ」「天竺渡来大観音石像」
壷坂寺 天竺渡阪仏伝レリーフ 巨大観音
インドのハンセン病患者の救済活動などにより、インドから寄贈されたものです。
大観音石像の前には大涅槃石像もあるのですが、今回は見てません。
本堂からちょっと離れてるんですよね~。


壷阪寺 御朱印
   「壷阪山 南法華寺(壷阪寺) (つぼさかさん みなみほっけじ)

      住所 奈良県高市郡高取町壷阪3
      電話 0744-52-2016
      時間 8:30~17:00
      拝観料 大人¥500 小人¥200
建仁寺 本坊

日本最古の禅寺、京都「建仁寺(けんにんじ)」に行って来ました。

鎌倉時代建仁2(1202)年開創。
臨済宗建仁寺派の大本山で、開山は日本に禅とお茶を伝えた栄西(ようさい)禅師。
御本尊は十一面観音菩薩像。

お庭きれいです。
建仁寺1

紅葉いい感じ~。
建仁寺2

有名な俵屋宗達筆「風神雷神図」屏風(国宝)もありますよ。

今回初めて拝見した小泉淳作画伯筆の法堂天井画「双龍図」もステキでした~。
108畳もの大きさがあり、かなりの迫力です!!
昔は、五爪の龍は中国の皇帝しか使えなくて日本では三爪の龍が書かれていたんですが、最近はそういう決まりは無いみたいですね。
五爪の龍でした。
たしか、前に見た嵐山「天龍寺」の雲龍図も五爪でした。

こちらのお寺、寺宝や美術工芸品なども素晴らしいんですが、サービス(?)もまた良いんです。
入り口入ってすぐの部屋にストーブとフカフカのホットカーペットがー!!
寒い日だったので、行きと帰りにまったりさせていただきました。
お手洗いもキレイ、ウォシュレット付き。


建仁寺御朱印
臨済宗大本山 建仁寺
  
  住所 京都市東山区大和大路四条下る小松町
  電話 075-561-6363
  時間 10:00~16:00
  拝観料 ¥500
  阪急河原町駅、京阪四条駅から徒歩10分程
本日、最後に行った「圓光寺(えんこうじ)」です。
圓光寺

慶長6(1601)年、徳川家康が三要元佶(閑室)禅師を招き、伏見に建立したお寺です。
その後2度移転し、現在の場所になりました。
臨済宗南禅寺派。
御本尊は、千手観音像。

十牛の庭
圓光寺 庭

禅宗の修行過程を牛(石)になぞらえて現してあるお庭です。
ホント牛に見える~!!(一番大きい石のみ)
十牛図、好きで本も持ってるけど、まだ読んでないな・・・。

こちらのお寺は、詩仙堂と違ってほとんど人がいなかったので、座ってじっくりとお庭を拝見できましたよ。
さらに、お庭の入口にある水琴窟の音がかすかに聞こえてきて、目でも耳でも楽しめました。
素晴らしいですね。
はぁ~、落ち着くわ~。

カメムシがいなかったらもっと良かったのに・・・!!
建物の壁とかにカメムシがいっぱいいて、かなり恐かったんです。


圓光寺 御朱印
「瑞巌山 圓光寺」
  住所 京都市左京区一乗寺小谷町13
  電話 075-781-8035
  時間 9:00~16:00
  拝観料 ¥400
  市バス5系統一乗寺下り松町下車
  (京都駅から¥270)
BACK // HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。